2011 年 6月 の投稿一覧

black

Webフォームのテスト

Posted Date: 2011-06-14 11:05
Author: / No Comments

こんにちは、品質管理チーム新人のblackです。
さて、今回は私がWebページのテストに用いている手法とツールについてご紹介します。

品質管理チームの業務の一つに、Webサイトや、データの登録、更新などを行うWebフォームのテストがあります。
これは自動化ツールを使用せず、手動、目視による確認を行っています。

私の場合は対象を”表示確認”、”動作確認”、”設定確認”、の大きく分けて3つの視点で確認します。
表示を

  • 「文言の誤字脱字」
  • 「改行、折り返しの位置」
  • 「文字の大きさ、色」
  • 「画像の表示」。

動作を

  • 「ページ遷移」
  • 「Formのsubmit動作」
  • 「JavaScriptの動作」
  • 「リンクの動作」。

設定を

  • 「各<input ~>の形式や値」
  • 「入力欄の文字数制限」
  • 「エラーメッセージの設定」
  • 「リンク先アドレス」
  • 「ヘッダの設定」。

というように確認項目を細分化し、それぞれの目的を網羅する簡易チェックシートを作成してテストを行います。
すると仕様書と違う部分や、仕様書通りでも違和感のある部分などが見えてきます。

仕様書との差異を探し、バグを見つけるだけに留まらず、新たなリスクを見つけることで仕様自体の問題を洗い出し、魅力的品質の向上に繋げる。
これは手動による確認でしかできないことだと思っています。

しかし、例えば出力結果だけを入力パターンの組み合わせで確認したい時や、
こまめに修正を確認したい時、その手前の入力作業を毎回全て手動で行うのはとても手間です。
入力項目が20や30もあると、それだけでかなりの時間を消費してしまいます。

そこで重宝しているのが、Firefoxなどで使えるアドオン「Lazarus: Form Recovery」です。
これはフォームのsubmitを実行すると、その時点で各フォームに入力されている情報をページごとに記録しておいてくれる物で、過去に入力した情報をコンテキストメニューからすぐに復元できるのです。

入力項目が複数ある中で、一カ所だけを変更するというパターンの網羅も手軽にできますし、例えばフォームからのリクエストによって問題が生じた時には、どういう入力情報で問題が発生したのか、条件をそのまま再現することができます。

このような作業においてはとても便利なアドオンの一つです。
私の工数はこのアドオンの導入で約2割削減できています。

目的に合わせた手法と、それを活かす為のツール探し。
後々の作業品質そのものを向上させる意味でも、時間をかける価値があると思います。