toda

戸田です。

開発時の動作検証にブラウザは無くてはなりません。
そのブラウザの重要な機能として、一度取得したファイルを使いまわす「キャッシュ」の機能があります。

これによって(更新されていない)画像、javascript、cssファイルが何度も無駄にダウンロードされなくなります。
まさに、サーバを提供する我々からすると多い日も安心。ユーザからもレスポンスの向上が期待できます。

でも、開発段階だと、画像ファイル、javascript、cssファイルを更新しても、古いファイルが使われてしまい、「あれ? 変更したはずなのに」となることが良くあります。

もちろん、ブラウザ上のキャッシュをクリアすれば良いのですが、毎回毎回、ツール → オプション → 詳細 → ネットワークタブ → オフラインデータの「今すぐ消去」ボタンを操作するのはさすがに面倒。

そこで登場するのがFireFoxのaddOn。「Cache Status」。
これを有効にすると、ステータスバーの右側にキャッシュ情報のステータスが表示できます。

この部分を右クックするとメニューが表示されるので、「全てのキャッシュを削除」を選択すれば、メモリ上、ディスク上のキャッシュが一発でクリアできます。

特にAJAXインターフェイスの修正をしているときに重宝してます。

Tags: ,

No comments yet.

Leave a comment

WP_Big_City