nishigo

みなさんこんにちわ、最近は春の訪れがやってきてるとは思えないほど寒空でしたが、
道ばたにタンポポも咲き始め、花見が楽しみなシーズンになってきましたね。
「さまざまのこと思ひ出す桜かな」
なんて芭蕉の歌を書いてみると、一人で桜を見て思い耽るのも悪くないかなと感じてしまうnishigoです。

さて、今回はGoFの23のパターンの中のMediatorパターンに焦点を合わせます。
オブジェクト指向でモデリングをすると、必然的に多数のオブジェクトに分割され、それらの間が(メソッドを経由した)メッセージでつながることになります。

オブジェクト数が増えると、メッセージの通知先が増えることになりがちです。その結果、オブジェクトどうしが複雑に絡み合う状態となってしまい、メッセージがどの順にどこへ流れるのかが分かりずらくなってしまいます。

この問題を解決する手段として、Mediatorというパターンが役に立ちます。
Mediator(仲介者)という名の通り、各オブジェクトの仲介をするオブジェクトを間に置いて、オブジェクト間のつながりを整理します。

続きを見る >>>

iwan

Erlangと仲良くなりたい

Posted Date: 2010-02-24 20:42
Author: / No Comments

はじめまして、iwanです。
インフラエンジニア3ヶ月弱です。

トライコーンのサービスの縁の下の力持ちになるべく、
日々、業務に励んでおります。

月初にテーマは決まってたものの、時間だけが過ぎてしまいました。
気張らず自分が今できることをコツコツと書いていきます。

今回は、昨今白熱し始めた、twitterにも使われているらしいと噂になった、Erlangを取り上げます。

続きを見る >>>

Tags: , ,